Twitterのアカウントロックを電話番号認証なしで解除する方法!

「ある日突然、Twitterのアカウントがロックされた…。」
そんなことありませんか?

筆者は以前そのようなことがありました。

何も悪いようなことをした覚えがないにもかかわらず、Twitterを開くと画面に
「アカウントがロックされました。」
の文字が。

それで、「ロックを解除したければ電話番号認証しろ」と書いてあるんですね。

でも、電話番号登録してTwitterに個人情報を収集されたくなんかありませんよね?

そこで、今回は、電話番号認証をすることなく確実にアカウントロックを解除する方法を紹介します。

STEP1 Twitterヘルプセンターから異議申し立てする


Twitterのロック解除をするにあたって、

まずは、twitterヘルプセンターにアクセスします。
(↑ここからアクセスできます。)

すると、以下のような画面が表示されると思います。

そして、そのまま下へ見ていくと、以下のような文章があります。

この「アカウントが誤って制限されていると思われる場合は、こちら」の「こちら」をクリックします。

すると、次のような画面が表示されます。

ここの「問題の詳細」の欄で、”異議申し立て”をします。
“異議申し立て”といっても、そんな長文でなくてもいいです。
一行か二行でも構いません。
とにかく「すごい困ってます」的な内容を記入します。

たとえば

「突然アカウントがロックされてしまい非常に困っております。電話番号認証以外の方法でロックを解除していただけないでしょうか。」

という具合で大丈夫です。
(実際この文章で通りました。)

面倒な場合はこれをそのまま入れても構いません。

そして、「困ってます」アピールを書き終えたら、下にある「送信する」をクリックします。

STEP2 メールが届く


先ほどのお問い合わせフォームを送信すると、「メールアドレス」に記入したアドレスに以下のようなメールが届きます。

このメールをみると、「これで一安心」となりそうですが、
よくよく読んでみると、また「電話番号を登録しろ」と言ってます。(しつこいですね;)

しかし、あきらめるのはまだ早いです。

STEP3 メールに返信する


ここで、先ほど届いたメールに返信します。

内容は、先ほど書いたような「困ってます」アピールです。

ここでも、長文ではなく、一~二行の短い文章で大丈夫です。

先ほどの、文章のコピペでも構いません。

すると、約1日後に、次のようなメールが届きます。

これで、Twitterを開いてみてください。
すると、無事アカウントロックが解除されているはずです。

ロック解除の方法~まとめ

①ヘルプセンターから問い合わせる。
②すると、メールが届く。
③届いたメールに返信する。
これでロックが解除完了!