Step19 ゲーマーが稼ぐ方法


続いては、テレビゲームスマホゲームで稼ぐ方法です。

といっても、ゲームソフトを転売するわけではありません。

ゲームが得意な人なら稼ぎやすい方法なので、ぜひご参考にしてください。

RMTで稼ぐ


今回紹介するゲームで稼ぐ方法は、
RMT(Real Money Trading)という方法です。

RMTとは、「Real Money Trading」という通り、
ゲーム内のアイテムやゲームデータ(ゲームアカウント)を、現実のお金(Real money)と取引する(Trade)というものです。

「そんなことできるの?」
と思うかもしれませんが、
実際に、有名オークションサイトなどでゲームデータが取引されており、
レアアイテム、ハイクオリティなゲームデータ(ゲームアカウント)は10万円以上の高値で取引されていることもあります。

また、RMT.clubなどの、RMT取引専用のサイトまで存在します。

違法じゃないの?


ゲームデータリアルマネーを取引するのって一見違法のように見えますよね?

ですが、RMTを禁止する法律は存在せず、法律的には違法ではありません

ただ、ゲーム運営会社の規約違反になることはあります。(ほとんどの場合そうです)
なので、ゲーム運営にゲームデータの出品がバレるとアカウント消去、強制退会させられる可能性があります。

ですが、出品の際には、アカウントが特定されないように注意する必要があります。

稼ぐには相当な腕が必要


ただ、RMTでは、生半可なゲームアカウント、データでは、一銭にもなりません。
つまり、かなりクオリティの高いゲームデータを用意する必要があります。

たとえば、ポケモンGOの場合、
ヤフオクでは、
レベル40、伝説ポケモン3匹以上で、
2万~3万円くらいの落札額です。

つまり、RMTで月10万円以上稼ぐだけでも、相当なスピードでアカウントを育て上げる技術が必要になります。

なので、ゲームがめちゃくちゃ得意という方には向いている方法です。
実際、RMTで2000万円以上稼いだ人もいます。

ですが、ゲームがあまり得意ではないという方にはおすすめできない方法です。(その場合は他の方法で稼ぎましょう)

次は、情報商材を販売して稼ぐ方法です。

これはうまくいけばかなり本格的に稼げる方法です。


NextStep20 情報商材で稼ぐ方法