Step18 写真で稼ぐ方法


今回はストックフォトサービスを使って稼ぐ方法です。

スマホのカメラでもできるので、誰でも気軽にチャレンジすることができます。

ストックフォトってなに?


ストックフォトとは、
PIXTA(ピクスタ)などの写真素材を提供しているストックフォトサービスにて
自分の撮った写真(作品)を出品して収入を得る
というものです。

出品した写真が売れると、
その売上げの一部が(約50%)が報酬としてもらえます。

もちろん、写真を投稿して、それを誰かが買うたびに自動的に収入が生じるので、半不労所得も可能です。

具体的な手順としては、
1.PIXTAなどのストックフォトサービスに登録する
2.写真を登録する
3.買い手がつくのを待つ(その間に次の写真を撮る)
となります。

稼いでいる人は、月30万以上稼いでいるので、
本格的にやるとかなり稼げる方法です。

技術よりテーマ


ですが、成果を出したい、つまり「稼ぐ」ことが目的ならば、
自ら「売れる写真」を狙い撃ちしていく必要があります。

売れる写真を撮るコツとしては、
・需要があり、かつ他にないジャンルの写真
・テーマ、シチュエーションが絞り込まれた写真
・ライバルが少ない写真
を撮るというのがコツです。

つまり、その辺の森の写真のような、ありふれた写真を撮ったところで、なかなか売れにくいです。
たとえ、どんなに高度な技術を使ったとしてもです。
(つまり「美しい」だけの写真では売れません)

なので、技術よりも、その写真のテーマ、内容が重要になってきます。

ここさえ押さえれば、たとえスマホカメラでも大金を稼ぐことは夢ではありません。

PIXTAは登録無料なので、興味がある方はチャレンジしてみてください。

次は、テレビゲーム、スマホゲームを使って稼ぐ方法です。
NextSrep19 ゲーマーが稼ぐ方法