Step15 ブログ記事を書いて稼ぐ方法


ブログ記事を書いて稼ぐ方法は、大きく分けて、
ブログアフィリエイトブログライターがありますが、

今回は、ブログライターを実践していきます。
(ちなみにブログアフィリエイトは上級編で後ほどご紹介します。)

ブログライターって?


ブログライターとは、
その名の通り、
ブログ記事を書いて稼ぐというものです。

具体的には先ほどのランサーズなどのクラウドソーシングサービスを使って稼ぐ方法で、
在宅ワークの一種でもあります。

かと言って、テキトーに日記のような記事を書くわけではなく、
案件別に記事内容の指定があり、
その内容に沿った記事を書いていきます。

たとえば、
「住宅ローンに関する記事」「美容に関する記事」
というように、案件ごとに予め記事の大まかな内容が決められており、
その中から自分の書きたい記事の案件を選んでいくというスタイルです。

当然、文字数指定もあり、
だいたいどれも1000字以上のものがほとんどです。

もちろん文字数が多ければ多いほど報酬額が大きくなります。

慣れてくれば、月3万~5万円くらい稼げるので、
なかなか稼げる方法です。

まずはげん玉で慣れよう


先ほどサラっと「1000字以上」と言いましたが、
普段ブログなどを書いていない方にとってはこれがなかなか書けないものです。

筆者もはじめてブログ記事を書いた頃は、1300字程度で四苦八苦していました。

そこでとっておきの方法があります。

それは、げん玉CROWDを利用した方法です。

げん玉CROWDとは、初級編でも登場したげん玉と運営元が同じであるクラウドソーシングサービスです。
といっても、げん玉の延長線上のような感じで、比較的お手軽なクラウドソーシングです。
また、げん玉のアカウントで利用することができ、ポイントもげん玉と連動しています。

CROUDの記事作成案件は、
400字以上、600字以上というものが多く、最大でも1000字以下という、
初心者には超打ってつけな難易度です。

報酬もそう多くはありませんが、「稼ぐ」目的というよりは、「慣れる」目的で利用するので、報酬はあまり気にする必要はありません。

そして、CROUDで慣れてきたらランサーズで本格的に稼いでいくというのが最適な道でしょう。

ちなみに、当サイトでげん玉からアカウントを作成したのちに、CROUDを利用することで、250ptのボーナスが獲得できます。
(CROWDから直接登録すると250ptはもらえないので注意)

→げん玉はここから登録できます

・CROWD公式サイト

ある程度慣れてきたらクラウドソーシングで

先ほどのCROWDにて、ある程度記事の執筆に慣れてきたら、クラウドソーシングサイトで本格的にライティング案件を受注していくのがおすすめです。

なぜなら、CROWDは、比較的手軽で軽いライティング案件が豊富なのは確かですが、その一方で、他の本格的なクラウドソーシングと比べて圧倒的に単価が安く、稼ぐことのできる額はポイントサイト程度でしかありません。
もちろん、初心者がはじめてライティングを行う際にどんなものなのかを体験してみるのには適しているかもしれませんが、稼ぐためにやるという場合にはあまり向いていません。

なので、CROUDにてある程度ライティングがどういったものなのか感触をつかみ、ライティングで実際に稼いでいこうと思ったら、クラウドソーシングサービスで本格的なライティング案件を受注していくのがよいでしょう
そこで実践を通して、報酬を得つつ、さらにスキルを積み上げ、高単価案件を受注していくというのが最も効率的な方法です。

ちなみに、ライティング案件に特化するのなら、サグーワークス
がおすすめです。
他のクラウドソーシングサービスでは、発注者と一定期間契約し、数記事~数十記事をまとめて受注するプロジェクト方式というやや上級者向けな案件が多いのですが、サグーワークス
のライティング案件は、一記事ごとに受注することができる案件の割合が非常に多く、ライティング初心者に向いています
また、プラチナライターテストというライティングテストに合格すると、合格者のみが受注することのできる高単価案件も受注することができるようになります。



次は、オークションで稼ぐ方法についてです。


NextStep17 オークションで稼ぐ方法